« Natural AnotherOne 2nd Belladonna 感想 | トップページ | 真・恋姫無双SS 呉国の姫(仮題)⑪ »

2009年2月 6日 (金)

真・恋姫無双SS 呉国の姫10.5話

荊州城を出てから3日、そろそろ目的の場所だ。

斥候からは砦にこもっているのは500程度との情報が入った。

『先の情報より少ないな。』

関羽はそれでも予定通りという表情で陣を張るように命ずる。

『さて、あまり長引かせたくはないな。』

数が少ないとはいえ山砦にこもっているのだ、無理強いすればそれなりの損害が出るであろう。

出来ればなるべく被害が出ないようにしたいところだ。

「軍議を行う。将軍、軍師は陣幕に来て欲しい。」

「さて、なるべく損害が出ないようにあの砦を落とすにはどうしたらいいと思う?」

その問いに軍師の伊籍が答える。

「被害を避けるのであれば間道を抑えて兵糧責めが一番かと。」

「ふむ、しかしその案はあまりに消極的だな。時間は余り掛けたくないのだ。」

「ならば間道を抑えた後、周りから威嚇をしてみたらいかがでしょう。不安を募らせ士気を削ぐのです。」

「ふむ、所詮は野党ども。効果は高いかもしれんな。」

「ではその手で行くか。動揺が見えたら一気に攻める。」

「応!」

関羽は素早く間道に兵を出すと関を作らせ、陣太鼓等で威嚇を始めた。

---------------------------

恋姫無双に出ていない有名武将っていますよね

たとえば

姜維、徐庶(名前だけ出てきます)、太史慈、魯粛、徐晃、曹仁、司馬慰

などです。

特に司馬慰などは諸葛亮のライバルなので出て欲しいのと、戦力バランス的に太史慈は呉に必要かなとも思います

こうしてみると人材的にも魏が圧倒だなぁと感じますね

|

« Natural AnotherOne 2nd Belladonna 感想 | トップページ | 真・恋姫無双SS 呉国の姫(仮題)⑪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫無双SS 呉国の姫10.5話:

« Natural AnotherOne 2nd Belladonna 感想 | トップページ | 真・恋姫無双SS 呉国の姫(仮題)⑪ »