« 閑話休憩 恋姫麻雀 | トップページ | 風邪をひいてしまった »

2009年4月30日 (木)

真恋SS番外編1

拠点フェイズと思って、真恋の魏の拠点フェイズを読み返してみると、基本的に一刀の情けなさが前面に出されていますねぇ。

これってウチのSSの一刀様にはほぼ参考にならないw

例えば春蘭に斬りかかれるシーンとか結構あるけど、一刀様なら普通に受け流すし、そもそもこちらの春蘭が稽古以外で斬りかかる筈もない。

しかも、オリジナルで書こうとするとすぐアダルトシーンに話が行ってしまうw

桂花の甘甘な話とか、凪の甘甘な話とか、流琉の甘甘・・・以下同文w

そんな物を書いてみたい想いはあるのですが。

で、最近思っているのはif真恋拠点ターンの一刀がウチの一刀様だったら・・・・・

一刀の中身だけ変えて話を作ると

桂花拠点ターン1「君子危うきに近寄らず」より

「なんだか、向こうが騒がしいな」

俺は声のする方に向かってみると、そこには言い争う桂花と春蘭が居た。隣で秋蘭も話を聞いている。

「どうした?」

俺が秋蘭に尋ねると戦術面での言い争いだと教えてくれた。

春蘭の猪突猛進ぶりが桂花には許せないようだ。

言い争いではやはり、軍師である桂花の方が明らかに強い。春蘭は劣勢気味だ。

俺は春蘭に助け船を出す。

「たしかに、桂花の言うとおり無駄な突出は軍略を乱す。しかし、千差万別に動く戦場での春蘭の行動をも読み切るのが軍師じゃないか?」

「春蘭の行動なんて読めないわよ。脳筋なんだから。」

「だがな桂花、それは軍師としての役目を放棄しているのと一緒だ。読めないのなら読める方向にお前が誘導してやればいい。」

「正直春蘭の武力は我が軍で最強だ。読めない脳筋を制御してこそ軍師冥利に尽きるのではないか?」

俺の並べる正論に桂花の余裕が無くなっていく。

「あんたにそこまで言われるなんて・・・・・。」

桂花が絶句していると今度は春蘭が怒り出した。

「いま、なんと言った。脳筋だと!?」

そうやって腰の剣に手を掛ける。

俺は驚いて止めに入る。

「おい、馬鹿。こんな所でやめておけ。」

「なんだと、今うすら馬鹿と言ったな。」

そう言って春蘭は剣を抜いて構える。

俺はそれを見て少し呆れたように秋蘭に目配せをする。

「北郷、そこになおれ、叩っ斬ってやる。」

俺はその振り下ろされた刀を左手で軽くいなすとその持ち手を掴んだ。

そのまま後ろに回って春蘭の首に息を吹きかける。

「こんな所で刀を振ると怪我をするだろう。」

「あっ、あう・・。」

すると、吐息と共に春蘭の刀を持つ手から力が抜ける。

俺は春蘭の手から刀を抜き取るとそれを秋蘭に渡した。

そしてボーゼンと見つめる桂花達に声を掛ける。

「そろそろ平行線な言い争いはやめておけよ。時間の無駄だ。」

そう言ってその場を立ち去る。

残りの三人は何が起こったのか解らずにその場に立ちつくした。

----------------------------

|

« 閑話休憩 恋姫麻雀 | トップページ | 風邪をひいてしまった »

SS」カテゴリの記事

コメント

恋姫無双SS→真・恋姫無双 魏√を連載時から読ませてもらっています、キダ チヒロと言います。 以後お見知りおきを。

崎の展開でお悩みのようで、色々と考えておられるでしょうが、どうぞ納得するまで存分にお考え下さい。

自分達読み手はじっくりと待ち続けますから。

次に今回の真恋SS番外編1ですが、出来る一刀君はとても素敵でした。
オリジナルも大事ですが、こんな入れ替え話も面白いですよね。
これ等も本編も、続編を期待しております。

押し付けるような物言いで失礼かとは思いますが、これからも執筆を頑張っていって下さい。
応援してます。

投稿: 貴朶 知広 | 2009年4月30日 (木) 16時13分

うわ~ん!桂花がデレてな~い!夕陽のバカやろースカーン!(タライが落ちてきた)

投稿: 乱 | 2009年5月22日 (金) 01時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真恋SS番外編1:

« 閑話休憩 恋姫麻雀 | トップページ | 風邪をひいてしまった »