ゲーム

2009年12月29日 (火)

絶対魔王

今は色々やることが多くってあまり進んでいません。

しかもこのゲーム、攻略キャラが多いので結構大変そうです。

でもテキストは割と気に入っていますので結構続けられそうです。

完了したら感想も書きますね。

SSの方は年内ちょっと難しい感じです。

でも思いついたらアップしますのでお待ちください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

現在3本進行中です

ここに来て仕事も忙しいけどゲームも忙しいです。

とりあえずやっているのが「絶対★魔王」

これは恋姫†無双ファンとしてはとりあえず抑えないと・・・・・

まだ開始5時間位なので評価は出来ません。

とりあえず雰囲気は好きです。

あと、FFⅩⅢ

PS3の性能を生かしているだけ有ってすっごく綺麗です。

でも開始1時間なのでこれまた評価は出来ません

って、私のゲーム評はかなり甘めですけどね。

基本悪いことはあまり書きません。

微妙に参考にならないよね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

小ネタ

そう言えば思ってたことなんですが、孫策の原画って片桐雛太さんなんですよね

で、孫権は日陰影次さんです。

それで孫登はと言うと、呉共通のイラストの原画は片桐雛太さんなので片桐さんが書いて居るんですよねぇ。

孫策に似るはずだとw

まぁちょっと小ネタで

SSの更新も有るはずですのでお待ちください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

東京国際アニメフェア 

コネタマ参加中: アニメフェアへの熱い想いを大募集!

凄く行きたかった。

だって、真恋のアニメの発表と声優の握手、サイン会があるんだもの。

鈴々、季衣、白蓮の中の人に会いたかった。

まぁ、仕事で行けないのは解ってるんだけどね・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

Like a Butler 感想

今日は終わったばかりのソフト「Like a Butler」の感想を行きます。

攻略可能なキャラは4+1。設定が超セレブ校と言うこともあって、個性的な面々です。

あと、Axlのソフトの特徴と言っても良いのがサブキャラが個性的なところ。

男性キャラが一癖もふた癖もあって面白いです。

ダリルの突っ込みはマジ吹き出す部分が多かったです。

あと五右衛門先輩も良いキャラなのですがユウが意外とギャグキャラなのがツボに来ました。

で、ここからは毎度おなじみヒロインキャラ評です

弓野 奏

良い子です。
多分主人公があまりモテなかったのはこの子がすぐそばにいるからではないのでしょうか。

御星 更紗

ツンデレ姫
青山さんのツンデレは相変わらず良いなぁ。
詠と違って今作では後半結構デレます。
デレる青山さん良いなぁ。

セーラ・アップルトン

お馬鹿っこ担当。
ダリルとの掛け合い漫才が結構多彩だった上に、しぐさが可愛いので結構良かったです。

秋津原 瑞穂

ツンデレメイド
「死ねばいいのに。」と主人公や五右衛門に連発します。
しかし、この子もデレた後が可愛いです。
個人的には一押しかな。

笠置 霧子

この人もヒロインの方で
有能なはずなのに有能に見えないと言うところが良いです。
某人物に育てられたのでしょうか
以下ネタバレ
セーラ√で明かされますがシールド13だそうです
恋盾で潜入役にされなかったと言うことはその後なのでしょうねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

Natural AnotherOne 2nd Belladonna 感想

今日は最近やったゲームの感想をします

このゲームはやたらとエンディングが多いです。
さらにBAD ENDも満載

エッチシーンも満載です

主人公がその手の方向に積極的なので何でも食べてしまいます

妹属性な私としましては某HPで碧葉が可愛いと聞きまして良いエンドを探しましたがなかなかどれもきついですね。

確かに妹だと解ってからは結構可愛いのですけど。
つんデレにも程がある感じでした、途中マジで殺されそうになるし。(ルートによっては殺されますけど)

もちろんロリ属性もある私ですから蜜音、響果も良かったわけですが・・・・・

割と普通に甘えてて安定してました。

樹は可愛いキャラですけどそんなに好みではないです。

美園はまぁどうでも良いです。

SSはちょっと休憩中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

Clover Point 感想

今日は今日とてゲームの感想を。

Clover Point クローバーポイントです

このゲームは妹ゲーとして有名・・・・なのかな?

妹属性のある私としては、やらなくてはならないと感じましてやってみました。

夜々は確かに可愛かったです。

属性ぴったしだし。
主人公がやっちゃったくせに妹だと解った時点でごねすぎるのも何だかなぁと思いましたが。
男は責任取らないといかんよなぁ

真星はまぁかなり変わった子だね。他の子のルートだと好き好きビームだしまくりなのに
メインルートだとそれほどでもないのがなんとも

月音はまぁルートではエロエロですね。
エロエロなお姉さんもキライじゃないですw

そして、なんか人気のない美緒里ですが
個人的には一番好きです。

あぁいう元気で現金な小娘って好きなんですよねぇ。
微妙にツンデレ入ってて。
話も泣かせ系でそこそこツボに入りました。(俺のツボが広いのかもw)

このゲーム純愛系でも結構Hシーンに気合い入ってる様に感じます。

あと、忘れちゃならないのが恋路橋

いや、絵的には一番可愛いかもw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

SSの補足

先日の内容は推敲、追加して再度アップしたいと思ってます。

で、今回はその俺設定部分を

場所は荊州です。
呉EDより約10年後の話です。

関羽は未婚
歳は30代前半だと思われます

他は未定

孫登は知よりも武を取った形で、しかも長物を選びました。
呉の主要武将に長物使いっていないのですよね^^;
呉の主君の娘なので関羽とも面識は有ったでしょうし荊州は割と近いので頼んで弟子入りという形です。

しかし、愛紗の台詞って文字になると男性の台詞になるのね自分は声に脳内変換出来るけど知らないと辛いかなぁ
しかも、割と特徴がないので結構むずい^^;

愛紗らしさ出てたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

トゥハート2 アナザーデイズ 感想

今日はこのソフトの感想です。

自分の場合感想と言うよりは気に入ったキャラを公開して褒めてるってだけです^^;

色々批評が多いこのソフトですが自分的にはかなり気に入っています。
正直はるみ目当てでやったソフトなんで最初にはるみルートから始めました。

ミルファ可愛いし、今でもお気に入りなんですがシナリオは・・・・・
もう少し何とかならなかったのかなぁってのが切なる想いです。

アナザーデイズは誰ともくっつかなかった後の話なのでそれも残念。できればミルファ、シルファは双子エンド後の話として見たかった。

後、一番のお気に入りキャラは、ちゃるです。

ちゃる可愛いよ、ちゃる。

シナリオも結構良いし、不思議っ子、微乳、眼鏡と属性かなりカバーしてますし、あの冷静そうな口調でエロい台詞がぽんぽん出てくるところもお気に入りです。

郁乃も良かったです。
最初分岐でエッチ無いのかなぁと思ってしまいましたがミスってただけなのね。
でもどのエンドがグッドエンドなのか微妙だけどw
この話は愛佳エンド後の話なので姉妹丼が嬉しいですw

このみ&環は3Pが良かったw
ただあの手の怪我であの激しいプレイはどうかと思う。
このみはとても可愛いし、それを見守る環も良いね

そのほかのキャラも短くコメント

まーりゃん先輩・・・よりも相変わらずささらが可愛い
菜々子・・・・・・・可愛いけどエッチ無いから
春夏・・・・・・・・人妻属性は無いんで
よっち・・・・・・・シナリオが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

真・恋姫†無双 SS 書いてみた

なかなか色々勘違いが有りますね。
ワンは王の読みで 一はイーの方が正しいのかな?だとすると「一蓮」はイーレン・・・こっちの方がらしいかな
うーん、まぁこっちで行こうかなぁ。

と、言うわけで簡単な書き出しを

「ヤァー!」
「トゥッ!!」
気合いのこもった台詞から鋭い打ち出しが何度も繰り出される。

キーーーン!!
カシャーン!!

刃のぶつかり合う音が何度も繰り返される。

そして、ガシャーンという鈍い音が打ち合っていた二人の持つ武器の鍔から発せられると

「そこまで!」

と張りのある良く通る声で号令が掛けられた。

汗を拭く少女に、先ほど号令を掛けた女性が声を掛ける。

「子高、ずいぶん良くなってきたではないか。」

「関羽先生!。ありがとうございます。でも、まだまだです。」

少し火照った顔を若干照れたようにさらに火照らせて、その子高と呼ばれた少女は元気よく返事をする。

「この分だと直に抜かれてしまうかもしれんな。」

「そんなぁ、まだ先生の本気は見せてもらってませんから。」

「ふふっ、そんな謙遜せずとも良い。」

「でも、もう春ですから。」

「そうか、そろそろ一年か・・・・・建業に帰るのは楽しみか?」

「はい。」
先ほどよりさらに少女の顔が赤くなる。

「孫権さまによろしく言っておいてくださらぬか。あと、お父上の・・・北郷様?」

関羽の顔が少し不機嫌になる。

「あのお方は少しばかり節操という物が無いような気がするが・・・」

戦勝会の際に蜀の武将からも色目を使われ、それに嬉しそうに対応していたのが印象にあるらしい。
特に桃香が一番ご執心だったのが愛紗は気にしていた。

「いくら先生でもお父様の事を悪く言うのは許せませんよ。」

「ははっ、すまぬ。今日はここまでにしよう。」

そう言いながら家の方に戻っていく愛紗を見送りながら、一蓮はぼそっとつぶやいた。

「でも、やっぱりお父様も私だけを見ていてくれればいいのに。」

一蓮は空を見つめる。同じ空のしたにいるお父様の事を想いながら・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)